飛蚊症(ひぶんしょう)と網膜裂孔(もうまくれっこう)について

こんにちは。福山市で漢方相談をしている今岡薬局医療センター前店の今岡です。
皆さん、体調はいかがですか?

先日、目の前に黒いものがザーッと横切るので、蚊がしつこく周りを飛んでいると思い手ではらっていました。
これが自分しか見えていないとわかり、びっくりしました。
世の中は連休。あわてて、広島県のホームページで休日当番の眼科を調べ受診しました。
最初はいわゆる飛蚊症(ひぶんしょう)のガイドブックを渡され、原因は老化ですと言われました。
(それは勉強して知っていると思いながら。)
念のため散瞳(黒目を大きくする目薬をいれる)してくわしく検査をしましょうとのこと。
日曜にやっているコンタクトをメインで扱っている眼科では眼底検査などはやってくれないと思い、1日待っての受診でしたので迷わずやってもらいました。
網膜裂孔(もうまくれっこう)(目の網膜、カメラのフィルムに相当する場所に穴が開く)がおきている可能性もあるからと説明がありました。
丁寧に見ていただいた結果、やはり小さな穴が、鼻側上部に開いている可能性があると言われました。
その穴の周りをレーザーをたくさんあててタンパク質を固めて、穴が大きくならないようにするしかないと言われました。
1)すぐにやることもできる(時間はそんなにかからない)が、お金はかかる
(休日だから3割負担で55000円、明日は普通の日だから38000円くらい)
2)レーザーを当てたら、その場所が固まったかを確認しなければならない。何度か通院しないといけない。
3)反対の方も、目の断面をみると硝子体が小さくなり、隙間ができているから同じようになりそう。
と言われました。
結局、通院するには遠い病院だったので、紹介状を持って、家の近所の眼科に次の日すぐに行くことになりました。
次の日、予約なしでいき、両方の目を散瞳し、検査。
やはり、小さな穴があいていること、反対の目も網膜が薄くなって、同じ場所に穴が開きそうという診断でした。
今、散瞳しているから、すぐにレーザーを当てることが可能、レーザー自体は10分くらいで終わるとの説明。
私の頭の中で、穴が開いている方は、レーザーを当てるしかないのは理解できる。
しかし、反対の目はまだ穴が開いていないのに、当てることによって、ゆがんで見えるようになったり、不都合なことが起きるのではないかと疑問がおこりました。
先生に質問したところ、
1)穴が開きそうな場所は、物をみるカメラのフィルムではない手前の関係ない場所であること。
2)今回は小さな穴だったからよかったが、もし大きな穴だったら、レーザーで網膜剥離にならないようにできないかもしれないこと。
3)網膜剥離まですすんだら、手術も大変で、手術後もずっとうつ伏せで数日すごさないといけないことを説明されました。

身近に、網膜剥離になった人がいて、術後のうつ伏せがどんなにつらかったかを聞かされていました。
ですから、あきらめて、両目にレーザーを当てることにしました。
レーザーを当てるってどんなのかわからずドキドキしていました。
眼圧を測る機械は皆さんやったことがあると思います。
基本あれと同じで、あごをのせて、おでこをひっつけて、機械をのぞくだけでした。
強烈な光が出て、音が結構します。その回数が結構多いので長く感じますが、基本痛みはありません。
終わった後もこれで終わり?って感じでした。
終わった後は両目で約10万円かかるので、高額療養費の申請はできるとか、医療保険の提出用書類をもってきてくださいとか説明されるので終わった実感があるくらいでした。
あとは散瞳しているのと、目のなかにジェルをいれるのでそれで目が見えにくいので歩くのが怖いくらいでした。
一週間後にレーザーを当てた場所が固まっているかを確認するので通院しないといけません。
飛蚊症は予告通り、よくなりません。網膜剥離にならない処置をしただけという結果です。

今回のことで、自分の体は確実に老化していること、納得するまでドクターには質問することが大切と実感しました。
次はがん検診にいこうと思います。皆さんも体のケアをしてくださいね。

頭を洗ってもフケ、かゆみがなくならない方へ

福山市で漢方相談をしている今岡薬局医療センター前店の今岡です。
毎日、新型コロナ感染者が増加していて、重症化しても入院できないとニュースでやっていて不安ですね。
季節の変わり目でもあり、体調を崩しやすい季節です。
少し発熱、喉が痛いなどあれば、もしかしたら感染???考えなくてもいいことを考えてしまいます。

私は、毎年、梅雨の時期か、秋になるまえに頭皮が痒くなります。
どこにでもいるカビが原因の、脂漏性湿疹です。
毎年のことなので、シャンプー、リンスをコラージュフルフルに変えます。
このシャンプーとリンスには、カビを殺してくれるミコナゾール硝酸塩が入っています。
1本使い終わるころには、フケがなくなり、かゆみも気にならなくなります。

毎日、頭を洗っているのに、パン粉のようなフケがぼろぼろ落ちる人、頭皮がとにかくかゆい人は、試してみてください。
男の人は、髪の毛が短いので、フケが見えます。
女の人は、ブラシで髪の毛をとくと、髪の毛の根元に大きなフケが浮き上がってきます。

今は、皮膚科に気軽にいけるような状況でもありません。
コラージュフルフルシャンプー、リンスは処方箋もいりませんので、普通に購入できます。
悩んでいる方は、一度使ってみては?

私の夏バテ対策

福山市で漢方相談をしている今岡薬局薬局医療センター前店の今岡です。
皆さん、体調はいかがですか?

連日、オリンピックのメダル獲得速報がテレビで流れて気持ちが晴れやかになります。
しかし、新型コロナ感染者数も増え続け、東京ではとうとう5000人を超えました。自宅療養しないといけない状況ですので、この暑さで熱中症になっても救急車が来てくれる保証がありません。
不安ですよね。対策はどうすればいい?
まずは、よく食べ、よく眠ること。
次に、汗をダラダラかいたらOS1のような経口補水液をチビチビのむなど。

私は、昔から体力がなくて、夏バテするので人一倍気をつけています。
この時期必ずのんでいるのがイスクラの2種類の漢方。

一つ目は、麦味参(ばくみさん)顆粒。
麦門冬(バクモンドウ)、五味子(ゴミシ)、人参(ニンジン)の一文字をとっています!
虚弱体質、肉体疲労、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性に効きます。

あともう一つが、冠元(かんげん)顆粒。
6種類の生薬、タンジン、コウカ、シャクヤク、センキュウ、コウブシ、モッコウが入っています。頭痛、肩こり、めまい、動悸などに効きます。

それぞれ1包づつを少しのお湯に溶かして、外出する前に飲みます。
若い頃から、どうして自分だけ夏バテしてヘトヘトなんだろうって諦めていましたが、乗り越えられています。
とにかく具合が悪くならないように気をつけましょう。

そろそろ妊活をスタートしてみようという方へ

こんにちは。福山市で漢方相談をしている今岡薬局医療センター前店の今岡です。
皆さん、体調はいかかですか?

当店にいらっしゃる方はほぼ女性です。その中でも最近増えているのが子宝相談です。
有名人のできちゃった婚が多いから、簡単に妊娠すると皆さん考えています。
でも、思っているより難しいです。

結婚しても共働きが当たり前ですから、女性に負担がかかってきます。
仕事の後に、食材の買い物、夕食の準備、あとかたずけ、お風呂、洗濯。気づいたときはもう12時なんて当たり前。
そんな状態で、排卵期にタイミングをとるって、ほぼ奇跡な気がするのはわたしだけ?
男性にも同じことが言えると思います。
仕事でへとへとになって帰ってきて、「今日が絶対外せない日」と言われたらプレッシャーが半端ない。

それに、晩婚化。
中国では、昔から女性は7の倍数で老化が進むと考えられています。
ですから、35歳となれば、卵子の質も28歳のころより低下しているのは仕方ないですね。

でも、老化に抵抗することはできますよ。
当店の販売している漢方薬は、女性の生理の悩みを改善します。
甘くて美味しいシロップ、錠剤、お湯に溶かす顆粒など、いろいろあります。

妊活を始めるのは、できるだけ早い方がいいですよ。
何から始めればいいかわからない方は、まずは妊活スタートBOOKがおすすめ。(主婦の友生活シリーズ)
とてもわかりやすく書いてあります。

タイミングをとっているのに、6か月過ぎても妊娠しなければ、一度、不妊治療をやっている婦人科へ行ってみることをおすすめします。
高度不妊治療をやっている婦人科は、福山市では予約日が3か月後です。

それを聞いただけで、気分がへこんだ方は、とりあえず病院に予約をいれて
1) 基礎体温をつけてみる。
2)排卵日予測検査薬を買って、使ってみる。
自分が思っている日と、排卵日がずれている人が結構います。
予約を待っている間に、妊娠したらキャンセルすればいいだけです。
いつか行こうと思っているだけでは後悔することになります。
卵子が老化して、体外受精のための採卵ができなくなります。
そうならないために、行動してみては?



耳鳴り・めまいが治らない方へ

こんにちは。
福山市で漢方相談をしている今岡薬局医療センター前店の今岡です。
皆さん、体調はいかがですか。

わたしは、新型コロナワクチンの2回目の接種がやっと終わりました。
しばらくしたら、抗体ができるはずなので少し安心です。

最近、スッキリしない天気が続いています。
毎年この時期になると多い相談が、耳鳴り・めまいです。季節の変わり目に発症する方が多いです。
とにかく耳鼻科に早く行くこと。早く発見できれば、薬が効きます。
よく使われる薬は、アデホス顆粒、イソバイドシロップ、メチコバール、ストミンAなど。
あとは、ステロイドを大量に使います。でも、絶対に、すぐ効く特効薬は無いのです。
えっ?ないの?って思われるかもしれませんが、無いのです。
だから症状が軽いうちの早めの受診!
でも、もう何年も経過しても、よくならない方は、色々な種類の漢方薬を試してみては?
血流を良くするもの、血虚を改善するもの、水分を調整するものなど。
だいたい1箱(1ヶ月程度)で体質の変化が見られます。
その感想を聞いて、漢方薬を継続したり、変えたりします。
漢方なんて効くはずないって思い込んでいませんか?
でも、思っている以上に、あれっ、最近体調がいいって感じる人も多いです。
完璧に症状がなくなるのは時間がかなりかかると思います。
我慢できる範囲の状態を長くできれば、ストレスも軽くなりますよ。